[津市]蜂蜜まん本舗(はちみつまんほんぽ)の蜂蜜まんじゅう|三重に行ったら訪れてみたい場所

グルメ

四日市に住んだら一度はいってみたい!と思っていた三重県津市にある蜂蜜まんじゅうが有名な「蜂蜜まん本舗」に行ってきました。(やっと)

スポンサーリンク

地元で愛されるおまんじゅう「はちまん」

津市民なら知らない人はいないと言われるほど有名なお菓子だそうで、地元の人からは「はちまん」と呼ばれています。

創業は昭和25年の老舗です。

津では手土産の定番だそう。

1個60円|アツアツ出来立てがおいしい

家族で津方面に出かけていて、帰りに立ち寄りました。

津市のど真ん中23号線の都ホテルの隣にあります。

四日市から直接行くと片道30キロ以上あり、車で1時間前後かかります。

駐車場は角を曲がって少し行ったところに2台だけあります。道にハザードを点けて停まっている車が数台ありました。

営業時間は午後5時まで。

店の前で車から降ろしてもらいなんとか閉店15分前に到着しました。

売り切れなんてこともあるのかな?と不安になりましたが、店に入ると女性の店員さんが「いらっしゃいませ~!」と明るく出迎えてくださいました。

ガラス越しにおまんじゅうを作っている様子が見られます。

1つ税込み60円です。

お安いですね~。

以前は50円だったようなので少し値上げしたのかな?それでも安い!

(60円は2019年2月現在の情報です)

アツアツのおまんじゅうを受け取りさっそく1つ車の中でいただきました。

この写真は家に帰ってから撮影したので冷え切ってしまっています。

焼きたてはもっとおいしそうですよ!

小さめのお饅頭です。

冷え切ってしまって残念な写真でごめんなさい。

お店の方に申し訳ない…。

表面はパリッとしているけどふわふわの生地で、中のこしあんはねっとりとしていておいしい

あんこたっぷりです。

ほのかにはちみつの香り

なんだかホッとするやさしいお味のおまんじゅうです。

出来立てのおまんじゅうは、普通のおまんじゅうに比べると生地の水分量が多いようで湯気がモクモク。

持ち帰りの袋にもビニールにたくさん穴の開いているものが使われていてベチャベチャにならないようになっていました。

〜温め方〜冷えてしまった時はレンジでチン!

お店の推奨されている温め方があるのかもしれませんが、今回何も確認せずに帰ってきてしまったので自己流で温め直しましたが、ふわふわのおまんじゅうを再現できました!

①お皿にのせます。

ラップなどはしません

レンジに入れて600Wで20~30秒加熱します。

④アツアツふわふわです。簡単♪

翌日にこの方法でいただきましたが、ふわふわでおいしかったです!表面のパリパリ感はでませんし焼きたてにはやはり少し劣りますが十分おいしかったです!

レンジで加熱後、オーブンで少し焼けば、出来立てのパリパリ感を再現出来るかもしれません!

冷えてしまったら温めたほうが絶対おいしいので是非試してください!

※中のあんこがとっても熱くなるのでやけどに注意してください!

お店の中でも食べられます

イートインコーナーがあり店内でもいただくことができます。

店内で食べる場合はお茶がついてきます。

次はお店でゆっくりいただきたいな。

津市観光協会http://www.tsukanko.jp/gourmet/483/

蜂蜜のカキ氷や蜂蜜味の最中アイスなどもいただけますよ。

蜂蜜まん本舗

住所 〒514-0027
三重県津市大門8-5
電話番号 059-228-3012
営業時間 9:45~17:00
定休 水曜、第4木曜

車から降りずに受け取れる!ドライブスルーじゃないいけど。

お店に張り紙があり

「車でお越しのお客様へ」

お電話いただきましたら、店舗前まで商品をお持ちいたします。お気軽にお申し付け下さい 

とありました。一人で車で立ち寄って駐車場が空いてない!なんて場合も車の中から電話すれば持ってきてくれるそうです。

車から降りることなく買えるなら、気軽に買って帰ることができますね。

津駅東口 販売所|営業時間

近鉄津駅の中に臨時販売所があり、電車で通りかかった時も購入することができます。

ちょっとした手土産に最適ですね!

臨時販売所の営業時間・定休日は本店と同じです。

近くに立ち寄った際は食べてみてくださいね!津市民のソウルフード「はちまん」でした!

コメント